ハリーポッターと深桐凛

えーと、まず昨日のやつ解説してなかったので、それから

問1
「私たちの少なくとも1人は悪魔」
を嘘だとすると全員天使ということになるので、発言に矛盾が生じるため、B=天使。

次に「私たちの少なくとも1人は天使」
Bが天使であることが既にわかっているため、正しい。つまりA=天使

天使が1人は悪魔がいると言っているので、残ったCが悪魔



問2
まずC「私は悪魔じゃない」
悪魔は嘘しかつかないので、悪魔じゃないをひっくりかえすと悪魔。よってC=悪魔

次にB「私は人間じゃない」
天使は嘘をつけないので、天使ではないという発言はできない。
よってB=天使

余ったAが人間となる


やり方さえわかれば大して難しくないかもでした




えーと、では今日の話
表題の通り不死鳥の騎士団の次はハリーポッターと深桐凛ですよ!!
じゃなくて欧米文学概論のレポートを今から書くわけですよ。
欧米ならなんでもいいと言われたのですが…。
欧米文学で知ってる本なんてないし!!!映画見ないし!!!

…やばい今からレポート書くに必要な本読んで更に評論の本読んでじゃ間に合わない!
と思いならが古本屋を回ったところ、ハリーポッターの評論本を見つけたのです!
そして殆どない欧米の持ちネタであるハリポタでレポート書くことに。
本は読み終わったけど…ハリポタそのものの内容を結構忘れてる_| ̄|○
恐らく適当なレポートになるでしょう

これが書きあがったら次は中世日本のレポートだぁ…
先は長いね





えーと、ここを読む前に。完全に独り言の愚痴なんで。
捌け口としてここを使います。





























ぶっちゃけさぁ、欧米文学の授業何が言いたいかわからないんだけど?
授業なんだから最初にどんな話をするくらいしたらどうなの?
いきなり話しはじめたってわからんし、要点も全くつかめないし。
何の目的かもわからず映画なんて見せられてもただの映画鑑賞以上にはならないんだけど。
板書も殆ど単語しか書かないし。
ここで言ってるだけじゃ何も改善されないのはわかってる、要望・質問を書く紙に要点を端的にまとめて板書してほしいって書いたのに、それに対しての返答は考え方を限定することにつながるからしない だと。
限定どころか全くわからないよ。
人が教えてるんだから主観が入るのは仕方ないし、もうちょっと何がいいたいのかはっきりさせてよ。
その中でレポート書けたってさ、授業の範疇を大きく越えるんだよ、授業がからっぽなんだから。
その辺わかってしゃべってんの?あんた。
[PR]
by KuwaharaTakayuki | 2006-01-19 10:58 | 日記
<< レベルアップの日 論理クイズ >>